保湿 セラミド

保湿にはセラミド…なぜそこまで良いの?

目の周りの保湿に限らず、顔全体の保湿はセラミドを薦められるのはなぜか?

これは理由があります。

セラミドというのはアミノ酸等で構成された脂分で、セラミド同士が水分をサンドイッチして蓄える機能があります。

乾燥肌の人はこのセラミドが不足しています。

だからセラミドを補給してあげれば肌の水分量が増えるというわけです。

ではコラーゲンやヒアルロン酸は違うのか?というと違うわけではありません。

コラーゲンもヒアルロン酸も水分を保持するという意味で保湿効果はありますが、化粧品でどうにかできる範囲外になります。

化粧品で肌に浸透できる深さは角質層までです。

角質層というと普段洗顔などで落とすような垢のレベル。つまり顔の一番表面です。

コラーゲンやヒアルロン酸はその角質層より深い位置にあり、そこで肌の役割を果たしています。もちろん水分保持も。

だからここまで化粧品が浸透するならコラーゲンやヒアルロン酸の保湿化粧品も効果があると言えます。

でも実際はそこまで浸透しません。

逆にセラミドは角質層にあるものなので化粧品で浸透します。

つまり、保湿化粧品として使った場合の効果が全然違うというわけです。

ただコラーゲンやヒアルロン酸の保湿化粧品に全く保湿効果がないわけではありません。

これら成分は非常に水分を蓄える性質があるので、肌にフタをするための機能としては大きな効果を発揮します。

肌表面で水分を蓄えながら守るので、肌から水分が逃げずに休憩させることができます。

しかしコラーゲン等が乾けばまた元通りです。

それに対してセラミドは角質層内に浸透してとどまるので、そうそう簡単には蒸発していきません。

以上のことから、保湿化粧品の成分としてはセラミドが一番良いよということになるんです。

目の周り対応・セラミド入りの保湿化粧品ランキング

メニュー